2.認識パターンの編集

2.1 画面の説明

@登録文字
 選択リスト
文字種リストを選択して、文字リストを表示します。
A登録
 データ選択
 リスト
登録データリストを選択して、登録文字リストを表示します。
Bクリア
 ボタン
編集中の手書き文字を消去します。
C前へ
 ボタン
文字リストの一つ前の文字を編集対象とします。
D表示切替
 ボタン
手書きエリアの背景に表示する文字を切り替えます。
新規時:
 フォント表示→なし→フォント表示
更新時:
 手書きパターン→フォント表示→なし
  →手書きパターン
E削除
 ボタン
登録データから、現在選択中の文字を削除します。
F手書き
 エリア
手書き文字の編集エリアです。
Gモード
 表示
現在の編集モードと対象文字を表示します。
H任意文字
ボタン
登録対象文字を直接指定します。文字に限らず、15文字まで文字列を指定できます。独自のパターンにパスワードなどの文字列を設定できます。
I次へ
ボタン
文字リストの一つ後ろの文字を編集対象とします。
Jテスト
ボタン
手書き文字が正しく認識できるか確認します。
K保存
ボタン
手書きパターンを登録します。

2.2 新規登録

2.3 更新登録

2.4 MENU機能

戻る